650Wを買取してもらおう

W650買取大解剖のmainimage

W650は、カワサキから発売されていた高性能にもかかわらず古風な外観が人気で、現在は生産終了となっているため、買取してもらうなら今がお得です。

650Wを買取してもらおう

W650といったら、カワサキのバイクです。

1998年12月に発表され、1999年2月から販売されて、多くのバイクファンの心をとらえてきました。

W650がなぜそんなに人の心をとらえて多くの人に愛されるかというと、外観が古風で往年のイギリス軍を思わせるものだったという点があります。

また、外装部品は樹脂製ではなく金属製を採用し、左右のスイッチボックスや質感を高めることにこだわっているというのも、魅力の1つといえるでしょう。

外観にこだわりがあるだけでなく、搭載されているエンジンも、このバイク用に新設計されている専用のエンジンです。

現代的なエンジンであるにもかかわらず、外観にもこだわり、あくまでも古風に見せるようにまとめてあります。

こういった高性能なのにもかかわらず外観がオールドという雰囲気が、多くのファンの心をとらえているのです。

そもそもカワサキのバイクでWの字が付くということは、カワサキの由緒あるシリーズ車種ということであり、さらに650は特別な数字としてとらえられていますから、W650がいかにカワサキにとって重要なバイクであるかということがわかります。

このように人気のあるバイクだったのですが、2008年9月には、排出ガスの規制に引っ掛かり、生産終了となってしまいました。

ですから、W650を買取に出せば、高い評価を得られることには間違いありません。

もうすでに新車として手に入れることができない以上、ファンにとっては中古しか手に入れることができず、そのため買取価格も高くなるからです。

今もし手元にW650があるなら、早めに買取の査定をしてもらうことをお勧めします。

Copyright W650買取大解剖. All Rights Reserved.